うまめし
Home » , , » むね肉が驚きの柔らかさ!塩麹からあげ

むね肉が驚きの柔らかさ!塩麹からあげ

冬のはじめに作った塩麹がかなりいい感じに出来上がっています。鶏胸肉を塩麹に漬けてからあげにしたところ、びっくりするほどしっとり柔らかで美味しかったです。このからあげの登場により、うちでは「からあげは鶏胸肉」が定番になりそうです。

スポンサーリンク



鶏胸肉の塩麹からあげ

材料(4人分)

  • 鶏胸肉  2枚
  • ◎塩麹  大2
  • ◎にんにく  お好みで
  • ◎しょうが  お好みで
  • 片栗粉  大1~
  • サラダ油  適量

作り方

  1. 鶏胸肉の余分な脂を取り除き、一口大に切ります(*1)。皮はそのままでも取り除いてもお好みで。
  2. ビニール袋に1を入れ、◎を入れてよく揉み込みます。冷蔵庫に置いておきます(*2)。
  3. 揚げる直前に2に片栗粉をはたき、余分な粉を落とします。
  4. 油をフライパンに1cmくらい入れ、中温より少し低めくらいに温め、3をいれて揚げます。揚げている面がきつね色になったらひっくり返し、両面がきつね色になったら完成です(*3)。
クックパッドに掲載しました→Cpicon むね肉が驚きの柔らかさ!塩麹からあげ by にゃん(うまめし)

ポイント

*1  鶏肉の大きさ

いつもフライパンで揚げ焼きするので、その想定で作り方を書いています。
揚げ焼きの場合は、たくさん油を使う場合に比べて火の通りが悪いので、厚さは薄め(1.5〜2cm)にすることをおすすめします。

*2  漬け込み時間

30分くらいでも十分ですが、私はたいてい3時間は漬け込みます。
冷凍していた肉の解凍も兼ねて24時間くらい漬けたことがあります。しっとりさが一段深くなったような、上品な柔らかさでした。

*3  揚げ油の温度に気をつけよう

塩麹がついているのでどうしても焦げやすくなってしまいます。油の温度は中温より少し低めくらい(150度くらい)が良いです。じっくり揚げましょう。
一度バットに置いた後、高温にして二度揚げしようと思ったのですが、高温にすると全部の肉を油に戻している間に最初に入れた肉が焦げてしまいました。二度揚げは難しかったです。
その代わり、揚げ終わりに温度を高めてカリッとさせるという方法をとったらうまくいきました。表面がカリッとした触感をお好みの方はトライしてみてください。

たくさん作って保存すると楽ちん

一度にたくさん作って、冷蔵も冷凍も出来ます。
冷蔵は5日、冷凍は2週間を目安にしてくださいね。

まとめ揚げ物のススメ

私が提唱するまとめ揚げ物。揚げ物はなんとなく面倒でしたが、この「美味しすぎるからあげの発見」と「まとめ揚げ物」の考え方により、揚げ物のレパートリーが増えました。
まとめて作るときは、南蛮漬けのような保存できるメニューが良いです。からあげの副菜で揚げ物は食べたくないですから…。
なすの揚げ浸しなどもいいと思います!
おやつやサラダの彩りに薄くスライスしたカボチャを揚げておいてもいいですね。

からあげにはやっぱりビール!ビール最高!!

皿道楽

アラビア パラティッシ カラー/イエロー 26cm

北欧インテリアに興味があって、妊娠中(暇だった)に様々なインテリアブログを見ていました。ブラックパラティッシという白黒のお皿を何度か見かけ、この素敵なお皿のことが気になって仕方がなく、ずっと欲しくて悩んで欲しくて悩んでを繰り返していました。
そして1年が経ちー。
最近IGを始め、素敵な料理写真をupされている人をフォローしまくったところ、出てくる出てくる。ブラックパラティッシ。またパラティッシか!というくらい出てくる。
私も欲しい!と唱え続け、アクタスに行った時に実物を見せて主人にプレゼンしました。ブラックよりもカラーの方が良いんじゃない?との意見をもらい、確かに…と考え直し、一旦持ち帰り、なんやかんやと自分に理由をつけてついに購入!!!
自分の中で決め手となったのはやはりブログを始めたことです。素敵なお皿に似合うような料理を作っていきたいです。
そして朝食をこのお皿でワンプレートにして食べたい。そのためにはたくさんおかずを作るorストックしておかなければなりません。買ったからには頑張ります。ま、今朝はできなかったんですけどね。ゆるりと頑張りましょう。
好きすぎてお友達のちいちゃんにもあげました。記事にしてくれてうれしい。




楽天のほうがかなり安くなっています→アラビア/arabia/北欧/パラティッシ

参加中

レシピブログに参加しています。クリックするとランキングに反映される仕組みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

instagramもやっています(*^_^*)
Instagram


スポンサーリンク

SHARE

About うまめしにゃん

0 コメント :

コメントを投稿