うまめし
Home » , » らくやきマーカーでお皿を作ってみた(1)豆皿を作る

らくやきマーカーでお皿を作ってみた(1)豆皿を作る

巷で流行中のらくやきマーカーを使って、お皿を作ってみました。
初っ端は豆皿です。派手な豆皿が欲しかったので挑戦しました。

スポンサーリンク



らくやきマーカーでお皿を作ってみた

らくやきマーカーとは

らくやきマーカーとは、その名の通りらくやきが作れるペンのことです。耐熱皿にこのペンで絵を描き、オーブンで熱すると絵付けができます。
8色セット
単品では黒が人気のようです。



私はこの8色セットを購入しました。
人気なのでお店によっては売り切れで入荷待ちだそうです。

ざっくり作り方

  1. 耐熱皿に絵を描く
  2. オーブン200度で25分加熱
  3. オーブン庫内で1時間放置
  4. オーブンから出して1時間放置
  5. 水で洗う

巷では

巷ではもっぱらブランド皿のマネっこが多いようです。
TODAY'S SPECIAL風とか、チャビット風とか、ダンカンショットン風とか。どれも黒一色で簡単に作れるので、黒いペンの単品は売り切れ状態のようです。

お皿を買ってきた

100均に探しに行ったのですが、小さい100均だったので、オーブン不可のお皿しか置いていませんでした。
仕方なく安くて品揃え豊富な原宿系雑貨屋さん(うちでは安かろう悪かろうの店と呼んでいる)で購入。

絵を描いてみた

いま自分の中では和食器ブーム。たくさんの豆皿におかずをのせて晩御飯にするのが夢です。
なので、頑張って和風にしてみました。
上が九谷焼へのオマージュ
下はよくわかりません。和食器っぽい藍色を目指して。
下書きなどせずエイヤでGOしました。にゃん氏のオリジナル作品となっております。
上は九谷焼へのあこがれを表現しています。
下は幾何学チックな模様。こちらは書いているうちに筆が進むという不思議な現象により出来上がりました。
所要時間10分程度。

焼くまでは手でこすったり、ティッシュで拭いたり、水で洗ったりすれば修正可能です。
じっくり作りたい人にも向いていますよ。

焼いてみた

説明通り2時間半くらいかけて焼きあがりました。
完成ー!
遠めなら結構素敵に見える…見えませんか?
近くで見ると色ムラがあったり、フリーハンドでぐにゃぐにゃしているところもあるのですが、自宅で使うので、まあ味があっていいかなーなんて思っています。

使ってみた

物は試しだということでその日のうちに使ってみました。
赤霧島を愛でるおつまみたち
この日は主人が飲み会だったので、私ものんびり晩酌しました。
赤霧島を愛でるため、そして完成したばかりのお皿を使うため、いろいろ考えた結果、なかなか渋い食卓となりました。
トマトのおでん、ふきのとうみそ、2種のちくわロールです。

自分で作ったお皿って結構愛着が湧きますね。線がぐにゃぐにゃでも、模様が変でも。食べながら、飲みながら、作ったお皿を見てなんだか愛しくなります。

当然ですが洗っても落ちません。わかっていても洗うときはちょっとドキドキしますね。

次回につづく

そんなこんなで、らくやきマーカーで作ったお皿たちも初陣を飾ることができました。
まだまだ使ってない色もたくさんあるので、新しいお皿の制作に取り掛かろうと思います!
少し大きい15cm皿を用意してあります。箸置きにも取り掛かりたいと考え中。お楽しみに!

参加中

レシピブログに参加しています。クリックするとランキングに反映される仕組みになっています。

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

IG、twitterもよろしくお願いします。
Instagram


スポンサーリンク





SHARE

About うまめしにゃん

0 コメント :

コメントを投稿